concept 幻の見島牛

歴 史

  • 幻の見島牛
  • 歴 史
  • ギャラリー

島人に寄り添い、生きてきた役用牛

島人に寄り添い、生きてきた役用牛

山口県の最北端、萩市沖から北西へ約45km。 この場所に浮かぶ「見島」は、面積約8k㎡ほどの小さな島。
古くから大陸との交易で栄え、その歴史は約1000年にものぼります。平地が少ない見島では、人々は山の斜面に棚田を築き、 稲作を営んできました。
そんな島人たちの暮らしに寄り添い、農耕のための役用として生きてきたのが《見島牛》です。

西洋種の影響を受けない純粋な和種

牛肉や豚肉を食べるという西洋の食文化が入ってきた明治時代以降、体の小さい和牛は体の大きい西洋種との交配が進められ、 日本古来の純粋な和牛は急速に姿を消していきました。
そんななか、見島牛は、離島に生息していたことから西洋種との交配を免れ、純血を守り通しています。昭和3年、国の天然記念物に指定されました。

西洋種の影響を受けない純粋な和種

時を超えて受け継ぐ、島人の宝

時を超えて受け継ぐ、島人の宝

しかし、かつては500頭以上いた見島牛も、農業の機械化に伴い、昭和51年には33頭にまで激減。 その後、行政の支援も受けながら徐々に頭数を増やし、現在は「見島牛保存会」の7戸の農家により約80頭が保護され、大切に育てられています。

見島牛の伝承 ―見蘭牛―

見島牛の伝承 ―見蘭牛― 見島牛の伝承 ―見蘭牛―

見島牛の父にホルスタイン種の母を持つ、みどりやのオリジナルブランド牛。 和牛の原種である見島牛のきめ細かな霜降りと濃厚な赤身の肉質を色濃く引き継いでいます。 見蘭牛は見島牛の種の保存と利用を目的とし、昭和48年にみどりやと名古屋大学が一体となりプロジェクトチームが結成され、昭和54年に民間初、見蘭牛第一号が誕生。 昭和55年には販売がスタートしました。現在では、萩市木間地区のみどりや直営の萩・見蘭牧場で、約300頭余りが肥育されています。

見蘭牛の仔牛は生後わずか一週間で、この牧場にやってきます。その個体一頭ずつ発育に合わせてエサや栄養・健康管理に常に気を配り、大切に育てていきます。 出荷を迎える二年後には、体重は約750キロ。この牧場に仔牛がやってきて出荷まで、私たちはその牛の命をいつも大事にしています。
近年、多くの学生が研修に訪れるようになりました。また、職場体験として地元の小中学生たちも見学に訪れます。私たちみどりやでは、見蘭牛を通じて、 「命をいただくこと」そんな社会貢献活動も推進しています。